検索フォーム
 
世界時計
プロフィール

ぐんそう

Author:ぐんそう
栃木県宇都宮市の中年独身男性会社員、ぐんそうです。
平日は運送会社の事務所番、休日はアマチュアオーケストラのヴァイオリン弾きです。自分で録音もします。たいした腕はないですが・・・。

 
最新コメント
 
tenki.jp
 
TRY!ハイボール
 
YOL×kizasi.jpブログパーツ
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
Twitter
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
 立派なものです・・・。

 栃木県立博物館に行ってきました。
 中央公園は広くてきれいで、いいですね。
DCSA0008.jpg
 さて目的は、企画展「名城 宇都宮城-しろとまちの移り変わり-」を観るためです。

 一番の圧巻は、当時の町並みを復元した模型でしょう。
 これで眺めると、今でもその当時の道路の名残がありますね。
 例えば裁判所前が突き当たりなのは、その頃の道が鉤状になっていたからなんですね。

 現在、宇都宮城の復元が進んでいます。
 来年にも公開されるようです。

 お城というと、例えば大阪城名古屋城のような、立派な天守閣のあるものを思い浮かべる方が多いでしょう。
 残念ながら、宇都宮城にはそういうものはありません。

 復元は、西半分の堀と土塁・土塀、その上の2つの櫓(清明台・富士見櫓)が対象となっています。
 そのうち、清明台という櫓が天守閣の役目を果たしていたとか。

 今回の復元に当たって、天守閣が無いことに批判もあるそうです。
 どこのお城を模したかわからないですが、以前、とある方が私財を投じて作った天守閣を移設しろ、という意見まであったとか。
 でも、それなら宇都宮でやる必要は無いですよね。
 合併して人口50万人に達しようという街が、そんなことで文化的レヴェルを落とす必要はありません。

 私は、今回の復元は史実に基づいたものを復元することだとは思っていません。
 失われた歴史を取り戻すことだと位置づけています。
 二荒山を除いて、街の中心には歴史を感じさせるシンボルが、宇都宮には見当たらないからです。

 宇都宮市は、もっと歴史を感じられる街になりますね。
 嬉しいです。

↓宜しければ、お願いします。
人気blogランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
エンタメ@BlogRanking
人気ブログ検索 - ブログフリーク
ありがとうございます。
スポンサーサイト
2006/11/23(木) 14:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

リスト

 
あ~いい漢字
 
くまくまリバーシ「しろくまとくろくま」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。