検索フォーム
 
世界時計
プロフィール

ぐんそう

Author:ぐんそう
栃木県宇都宮市の中年独身男性会社員、ぐんそうです。
平日は運送会社の事務所番、休日はアマチュアオーケストラのヴァイオリン弾きです。自分で録音もします。たいした腕はないですが・・・。

 
最新コメント
 
tenki.jp
 
TRY!ハイボール
 
YOL×kizasi.jpブログパーツ
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
Twitter
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
 解決には、足りません。

 とうとう、チェルノブイリの事故から20年が経ちました。

 これに関連して、新聞やTVでも特集が組まれています。
 私は読売新聞で3回の連載記事「チェルノブイリ 負の遺産」を読んでいます。

 国からの支援が足りず、汚染された土地で作物を作る人々。
 正直ぞっとしますが、それでもそうしないと生活できない現実。

 私が以前から関心があったのは、消火作業に当たった消防士や兵士の被爆です。
 この記事でも2日目(4/25)に取り上げられていました。

 この記事で取材を受けた方は、僅か5キロ地点で布マスクで作業を強いられたそうです。。
 ・・・防護服やガスマスクではなく。
 当然、障害を持つようになり、現在では年金生活に入っているのだとか。

 それでも、この方はいい方で・・・。
 確かにあの事故から間もなく、新聞の社会面で、小さな記事を見つけました。
 上空から消火用の砂を撒いたヘリコプターのパイロットが、放射線障害で亡くなった事を。

 その地域に住んでいて被爆した子供たちも、もう親になる頃です。
 生まれてくる子供たちに障害が無いかどうか、そちらも心配です。

 時間が経過したのに、解決されていないなんて、悲しいですね。
 せめて被爆者の生活の保障だけでも、と思っても国家の経済力が追いつかないなんて・・・。

↓宜しければ、お願いします。
人気blogランキングへ
あの、こちらも。
ブログランキング にほんブログ村
すみません、実は・・・。
人気ブログ検索 - ブログフリーク
ありがとうございます。
スポンサーサイト
2006/04/26(水) 14:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

リスト

 
あ~いい漢字
 
くまくまリバーシ「しろくまとくろくま」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。