検索フォーム
 
世界時計
プロフィール

ぐんそう

Author:ぐんそう
栃木県宇都宮市の中年独身男性会社員、ぐんそうです。
平日は運送会社の事務所番、休日はアマチュアオーケストラのヴァイオリン弾きです。自分で録音もします。たいした腕はないですが・・・。

 
最新コメント
 
tenki.jp
 
TRY!ハイボール
 
YOL×kizasi.jpブログパーツ
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
Twitter
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
 ロシアを横断するとしたら、何にしますか。
 人によっては、たまたま飛行機で通過しているかもしれません。
 それともシベリア鉄道でしょうか。
 明治時代に馬で横断したのは、福島安正将軍。
 そしてその約100年後、バイクで横断したのがこちらの瀧澤一郎先生(江戸川大学教授、元防衛大学校教授)です。

 時代はソヴィエトが消滅する数年前。
 先生はバイク仲間とソヴィエト横断しました。
 ソヴィエトの専門家ですので、目的はフィールドワークです。

 TVでも取り上げられましたが、文章ですと、さらに生々しく伝わってきます。
 そこに走る道、住む人、流れる風。
 ずっと変わらない気質。
 ペレストロイカでも変わらない一面を見せた生産性や技術。
 そして変化を強制された人々の本音。
 
 並の人では成し遂げられない紀行。
 あの広大な国土には何があったのか、気になりませんか?

文藝春秋社 B6版
ISBN4-1634-5450-0


 シベリアに抑留され亡くなった皆様の魂が、永遠の安らぎを得られんことを・・・。
スポンサーサイト
2006/03/18(土) 14:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

リスト

 
あ~いい漢字
 
くまくまリバーシ「しろくまとくろくま」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。