検索フォーム
 
世界時計
プロフィール

ぐんそう

Author:ぐんそう
栃木県宇都宮市の中年独身男性会社員、ぐんそうです。
平日は運送会社の事務所番、休日はアマチュアオーケストラのヴァイオリン弾きです。自分で録音もします。たいした腕はないですが・・・。

 
最新コメント
 
tenki.jp
 
TRY!ハイボール
 
YOL×kizasi.jpブログパーツ
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
Twitter
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
 大胆不敵。

 60年前の今日、ダグラス・マッカーサーが厚木に来ました。
 愛用のB29「バターン号」に乗って。

 まあ、すごいですよね。
 サングラスにコーンパイプに丸腰。
 私なんて到底真似できません。
 さすがに後任のマシュー・リッジウェイはそんな事はありませんでしたね。
「喧嘩屋マット」というあだ名を持ち、戦争中はサスペンダーに付けた2個の手榴弾がトレードマークだったという彼らしく、武器を自分で持ってきました。

 それはさておき、ダグラス・マッカーサーという人物は、我が国にとってどんな人物であったのでしょう?

 憲法を押し付けた?
 天皇を貶めた?
 私たちを共産主義から守ってくれた?

 実のところ、かなりのエゴイストだったようですが・・・。

 そういえばアイゼンハワーが大統領に当選した時、マッカーサーに朝鮮の和平交渉が決裂したらどうするかを相談したそうです。
 マッカーサーの提案は、北朝鮮の軍事施設に放射性廃棄物を投下することだったとか。
 更に激化した場合には、日本海にコバルトを散布することも考えていたとか・・・。

 子供の頃、女の子のように育てられた事が影響したんでしょうか(笑)。

 ダグラス・マッカーサー。
 未だにどう評価すべきなのか、私には分かりません・・・。

 グレゴリー・ペックがいい味出してます。

 マッカーサーの一面を知ることが出来る、興味深い本です。

スポンサーサイト
2005/08/30(火) 14:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

リスト

 
あ~いい漢字
 
くまくまリバーシ「しろくまとくろくま」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。