検索フォーム
 
世界時計
プロフィール

ぐんそう

Author:ぐんそう
栃木県宇都宮市の中年独身男性会社員、ぐんそうです。
平日は運送会社の事務所番、休日はアマチュアオーケストラのヴァイオリン弾きです。自分で録音もします。たいした腕はないですが・・・。

 
最新コメント
 
tenki.jp
 
TRY!ハイボール
 
YOL×kizasi.jpブログパーツ
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
Twitter
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
 へえ・・・。

 図書館でたまたま見かけた本。
 そのまま借りてきました。

 題名は「社交ダンスが終わった夜に」。
 作者はレイ・ブラッドベリ。

 聞いた事があるお名前です。
 あ、「華氏451度」を書いた人。

 そうか、子供の頃。
 兄が映像化された「火星年代記」を見てました。
 私も隣で、訳も分からず一緒に観たっけ。

 で、読んだのはまだ最初の1作。
 題名は「はじまりの日」。
 あ、短編集か。

 ヘミングウェイも短編集を結構読んだな―。
 予備校通いの頃、電車の中で(おいおい)。

 肝心のお話。
 50年前に誓った約束―50年後の始業式に学校で再会する―を果たそうとする主人公のお話。
 30マイル離れた学校までの、心理描写がお見事。

 来るのか来ないのか。
 その不安が心を占めるとアクセルが緩み、スピードが落ちる車。
 思い直すと、またも加速。

 誰もが思う事を丁寧に書いていらっしゃいますね。
 SFだからとちょっと構えてましたが、無意味でした。
 恥ずかしい。

 裏表紙で、「SFの抒情詩人」と評されていました。
 納得。

 そういえば「火星年代記」のラストシーン。
 火星に永住を決めた主人公が、家族を「火星人に会わせる。」と言って家族を連れだしたシーン。
 そこで池を覗き込んで、自分たちの姿を見せるラストは印象的でした。

 また明日も読もうっと。
スポンサーサイト
2010/05/19(水) 22:09 | コメント:0 | トラックバック:1 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

05/19 公正さ?

 今月の30日に迫った、USOの定期演奏会。今更ですが、そこで演奏するエルガーのチェロ協奏曲のCDを聴いています。でも、ここで敢えてジャクリーヌ・デュ・プレのものを聴かないでいます。
リスト

 
あ~いい漢字
 
くまくまリバーシ「しろくまとくろくま」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。